リスクマネジメント

リスク管理体制

パートナーエージェントでは、リスク管理体制は、リスク管理とコンプライアンスが表裏一体の関係であることに鑑み、リスク管理とコンプライアンスを一体で推進するために、社内において独立したリスク・コンプライアンス委員会を設置しています。さらに、「リスク管理規程」を制定し、リスク情報を早期に把握・共有することでリスクの顕在化を未然に防止する体制の構築に努めています。

また、法律事務所、会計事務所および社会保険労務士法人等の法務・会計・労務の専門家ならびに社外の研究者等外部の専門家との相談や意見交換を通じて、事業に係るリスクをはじめとする諸情報を得て、最善と考えられる経営判断を行うよう努めています。

反社会的勢力に対する基本方針

現在、企業におけるコンプライアンスが重視され、企業活動に廉潔性、透明性が求められており、反社会的勢力を利用し、またはこれに資金提供することなどは社会的批判を受けることになります。また、反社会的勢力と関係を遮断することは、コンプライアンスのみならずリスク管理の観点からも重要であり、内部統制システムの中でも重要な位置を占めます。
パートナーエージェントでは、2007年6月19日に公表された「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」に示されている基本原則に基づき、以下のように基本方針を策定しています。

  1. 組織としての対応
    担当者・担当部署任せにならぬよう経営トップ以下、組織全体として対応します。また、対応する従業員の安全を確保します。
  2. 外部専門機関との連携
    平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等と緊密な連携関係を構築します。
  3. 取引を含めた一切の関係遮断
    反社会的勢力とは取引関係を含め、一切の関係を持たず、また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。
  4. 有事における民事と刑事の法的対応
    反社会的勢力による不当要求に対しては、毅然とした態度で臨み、躊躇せず民事・刑事の法的な対応をとります。
  5. 裏取引や資金提供の禁止
    不祥事等の事案を隠蔽する等の裏取引を行なわず、資金提供も絶対行ないません。

以上